※あんまり詳しく書くと身バレするので(別にバレてもいいけど)、今はほどほどに書きます。将来的には堂々と顔出しもアリのプロフィール内容にしていきたいと思っています。このブログを読んでいただく方の信用度合いも変わると思うので。

ふくちゃんって誰やねん?

1476105619

クソマジメゲス男。

いつの間にか30代後半になった男。A型。生まれも育ちも大阪。妻子あり。

現在、大阪京橋にある熟女専門風俗店「日本橋・谷九おかあさん」の店長。

よくEXILEに似ていると言われるけど、EXILEの誰やねんって感じ。

見た目チャラいって言われます。

 

人生の陽と陰を味わったこれまでの人生

30数年間生きてきて、総合するとほとんどが楽しくて幸せな人生でした。

ほとんどが陽で、1〜2年くらいが陰って感じ。

幼少の頃からの記憶。両親のケンカ。

幼少の頃の記憶を辿ると両親のケンカが一番記憶に残っています。
とにかくケンカが絶えない。
というか、今で言う父親のDV。今だったら逮捕されてもおかしくない様なケンカも見てきました。

時代は変わりましたね。

小学生か中学生くらいの時、夜中に父親の暴力で母親が頭から血を流した時は、一緒に病院へ駆け込んだこともありました。病院の先生はなんとなく事情をわかっていた様な感じだったけど。

なので、父親には軽蔑心が子供の頃からありましたね。

こんな男には絶対にならない。反面教師にしようと子供の頃から思ってました。

小学生の低学年くらいの時に一度両親の離婚の話があって、母親方の親同席で話し合ったことがありました。もう離婚確定くらいになった時に、両親がどちらについていくのかと私と私の妹に聞いてきました。妹は即決で母親と言いましたが、私は答えることができずその場で大泣きしました。どちらについていこうかというよりも、自分が答えたら家族崩壊になるのかと思い、辛かったです。

結局私の大泣きの結果、話はそこで止まり、なんとまぁ現在も離婚せず両親は一緒に暮らしています。さすがに父親も年を取ってパワフルなケンカはないですが、性格は一生変わりませんね。
あの時、私がどちらかについて行っていたら、今と違った人生を歩んでいたと思います。

華の学生時代。

小、中、高と、とにかく楽しい思い出しかないです。どちらかというと人気者でした。サッカー少年で10番、キャプテン。一時期は某大阪にあるJリーグの下部組織でやっていたこともあります。
勉強は可もなく不可もなくでしたが、中学校時代の受験前の1年間は猛勉強して、高校はそこそこいいところに行きました。ただ、高1始めの数学でつまずいて、その先生が「やる気がない時はやらなくていいんですよ。やる気が出た時にやればいいんです。」と言われたので、とうとう高校3年間の授業中はほとんど夢の中にいました。

女の子にはモテましたね。勉強もできてスポーツもできる。自分にも自信がありましたし。小学生の頃から女の子と遊ぶほうが多かったですね。もちろん男友達もいましたけど。女の子とばっかり遊んでました。

高校は進学校で、周りのほとんどが大学へ進学しましたが、私は上記の通り勉強してなかったのと、いい大学へ行かなかったら金は出さないと父親から言われていたので、大学は諦めました。

コンプレックス。

周りのみんなが大学へ進学し、取り残された感アリアリの時、どうしようかなと考えていました。人生で初めてのコンプレックスを味わった時でした。しばらくは高卒コンプレックスでしたね。私の本当の親友と言える人間は片手で数えられるくらいですが、みんないい大学に行って、いい会社に行ってます。今は独立して社長をやっているヤツもいますし。
高校を卒業して、じゃあこれからどうしようかと考えてた時、元々子供好きだったこと、サッカーが得意だったことを生かして、サッカーのコーチをやることにしました。
幼児から中学生まで教えていました。教え子の中には今Jリーグの選手になった子もいます。普通にJ1のレギュラー張ってます。A代表にはなってませんが、ユース世代までは日本代表でした。
そんなこんなで当時はワールドカップが日本であったりとサッカーブームでしたから、それなりに誇りを持って仕事としてやっていました。

大人の世界。

サッカーのコーチと言ってもプロレベルのコーチではないのでお金は稼げませんでした。なので昼間はサッカーを教え、夜は北新地のクラブでボーイをしてました。
なぜ新地でボーイをしたのかというと、大人の世界を見たかったわけです。
いい大学に行けず、いい企業に勤められなかったコンプレックスの穴埋めみたいなものです。大企業で働く重役と接点が持てる、その人たちがこういうお店で女性とお酒を飲んだらどういう感じになるのか見てみたかったという好奇心もありました。
あわよくば、接点を持っていい企業に勤められるかもなんて少しは考えていました。
お店は大企業の重役、芸能人、スポーツ選手など来る信頼あるお店でした。
今から数年前新地に行った時にはお店は無くなっていましたが。
話は戻り、実際重役達はどんな飲み方をするのか、やっぱり綺麗な女性の手前、カッコつけたり、いやらしい感じになるのかと、少しはそんな期待も持ちつつ接客応対していましたが、なんのこっちゃない、さすが皆さん綺麗な飲み方をされる!紳士で男でした。アフターなのに私も一緒に飲みに連れて頂いたりもしました。

デキる男はどんな時もかっこいいんですね。
そんな男になりたいと思っていました。

仕事と女遊び。ゲスの極みはこの俺だ!

そんなこんなで北新地での経験は今の人生にかなり影響されています。
前の記述通り、女性には結構モテてました。
そして二十歳くらいから十数年間は、クソマジメゲス男の本領発揮となります。

新地で働いて、お酒のことや、おしゃれなバーなど色々知ることができたので、女の子とデートする時はフル活用しました!
現職は風俗業界ですが、私は素人専門でした。
とにかくいろんな女性と遊びました。当時何かしら出会った女性は手当たり次第、いい感じに持って行こう、持っていけると思っていました。
初代ゲスの極みは自分だと思います!
というか、前にも述べましたが、女性と遊ぶのが元々好きだった、女性といる方が楽なんです。

ゲスだけではないですよ。クソマジメな所もあるんです!

仕事ですが、結局サッカーのコーチ、新地のボーイは20代中盤で終了。
理由は結婚です。
当時さすがに、結婚となったら一企業の正社員として働かないといけないと思いました。
新地の大企業の方とのご縁は残念ながら得られず、結局自分である企業に面接に行きました。中小企業の製造業の営業職で正社員として入社。入社翌月結婚。結婚のスピーチを入社1ヶ月しか経っていないのに、社長にお願いしましたが、心よく引き受けてくれました。スピーチの内容は今でも忘れません。「挨拶、礼儀はお父様から教えられたそうです。」
そういえば仕事の移動中社長と話をしていた時、父親の話になって私が「挨拶や礼儀は父親に厳しく教えられました。」といったのを思い出しました。

こんな男には絶対にならない。反面教師にしよう
と思っていた父親から教わったこと。。
軽蔑する父親でも唯一尊敬できることです。
本当にこれだけはありがたかった。子供の頃から社会人になって今までの人生の基礎、根幹の部分。これもなかったら今の自分はない。

仕事はというと、20代中盤から30代前半までは社会人として、仕事人としては右肩あがりだったと思います。ここに書ききれないほど、良くも悪くも本当にいろんな経験をさせていただきました。引き抜きで転職もしたり、新規プロジェクトを立ち上げたり、経営グループの一員になったり、海外出張したり、ゴルフもしたり、部下が全員年上のリーダーになったり、その部下とうまくいかずメンタル弱ったり、経営計画発表会で数百人の前でプレゼンしたり、新地のお姉ちゃんと飲んだり、すべてが財産、武器、強みです

仕事はいたって真面目です。

クソマジメ過ぎて、頭が硬かったり、メンタル弱ったり、自分の弱さというかダメなところを変えていこうと少し時間をかけて自分を見つめ直した結果、このブログタイトルにもなっている、「自然体」でいこうと決めました。

今までクソマジメだったので、自然体くらいがちょうどいいのかなと思ってます。
だからと言って仕事の手を抜くわけではないですよ!

 

これからのこと。自分の強み。目標。性格。

20代中盤から30代前半までのことはかなり端折りました。
書くのが疲れてきたのと、まだ書けないこともあるし、またブログ記事でおいおい書いていこうと思います。

風俗店で働こうと思ったきっかけ。

一番はお金儲けのためです。あと女性と接するのが好きだから。近い将来自分で女性関連の仕事を立ち上げたいとも思っています。

あとは、風俗業界で働こうと思ってから色々調べていた時、おかあさんグループが風テラスに参加していることもポイントでした。
こういった活動に取り組んでいるところなら、お店の運営もしっかりできているのだろうと思いました。

これからのこと。

今、風俗業界で働いていますが、私自身風俗に行ったのは仕事の付き合いで両手で数えられる程度です。

正直、いいと思いませんでした。

もし、いいと思っていたら、私のゲス男時代に素人の女性と遊んでいた時のように繰り返し利用していたかもしれません。

私個人的な意見ですが、お客様と女性との間に「」が通わなければ、お客様は満足しないと思います。

私の仕事はお店の運営側です。お客様に満足してご利用いただくためにはどうすべきかを考え、行動し、女性にはこのお店で安心して働いていただけるよう、また女性にも満足してもらえる環境を整えるよう行動することだと思っています。

前途多難!!でも、色々やること、やれることが沢山あります。

自分の強み

自分の強みも弱みも知っていることが強み。

目標

社長になる。

お金持になる。

いいもん食うて、いい酒飲んで、いい女抱いて、いい車乗って、いい服着て、でかい家建てて。

簡単に言うとです。

ちゃんとした人生設計は自分の中に常に持っています。

 

とりあえず、以上。

 

photo by Ron Simmerman